身体症状の裏に隠れる病魔を見逃すな【うつ病診断で病気が明確に】

喜ぶ男性

楽に話せる世の中

医療

診察時のポイント

気分の落ち込みは誰にでもあり驚くべき事ではありません。失敗したり嫌な事があればがっかりするのは当たり前です。買い物に出かけたり好きな物を食べるなどして気持ちを切りかえられるなら特に問題なしです。 ストレス解消の為に色々な事をしているのにふさぐ気分がずっと続くなら注意が必要です。何にも興味が持てず無気力になったり眠れなくなっていたらうつ病の可能性もあります。そのままにしておくと日常生活に支障が生じる事も考えられます。よくある気分の波なのかうつ病なのか診断は専門家でなければ難しいです。自分一人でくよくよしても始まらないので心療内科を受診するのが良いです。心療の前に自分の状態を詳しくノートなどに書き留めておくと分かり易いです。病院に行くと緊張してしまい、自分の症状について落ちついて話せない事も多々あります。予め書いて整理しておくと心療が円滑に進みます。うつ病かどうかの診断や適切な治療方法を探すのにも役立ってくれるかもしれません。心の病気を特別視しない姿勢も大事です。身体の具合が悪ければ病院に行こうと考える人が大半です。しかし精神的な不調の場合、精神科への通院に抵抗を感じるからか後回しにする人が少なくありません。うつ病と診断される事への恐怖もあると考えられます。そして一人で悩んでしまうのですがこれはよくありません。ただでさえ心で葛藤して心身のバランスが崩れているのに更に心を閉ざしてしまう事になります。風邪を引いた時と同じように具合が悪いから病院へ行こうと思って良いのです。特別視せず前を向いて治そうとする姿勢がうつ病の完治につながります。

薬だけが治療じゃない

うつ病と診断されたら治療に入ります。うつの改善にはたっぷり休養を取る事や環境の調整が求められます。うつ病になり易い人は生真面目で責任感の強い人です。自分の為に休養を願い出る事や配置換えを申し出る事を申し訳なく感じます。しかし病気を治す為には焦らない事や周囲の理解は不可欠です。自分の健康の為に休養を取り環境を整えて欲しいものです。また生真面目で責任感の強い人ほどストレスを感じ易い人でもあります。常識があり社会に対する適応能力も高いのですが、完璧を求めたり過度に自分を追いつめてしまう事でストレスも感じます。考え方の癖を改善する事でストレスを軽減するようにします。このように自分の状態を良くすると共に薬物療法も行います。薬だけでなくそもそもの原因となる状況や性格も考慮した上で治療すると効果的です。薬だけで今の症状を改善したとしても、その人の環境や考え方が変わらなければまた再発してしまいます。様々な角度からアプローチすると良いのは納得出来ます。見たり聞いたり出来るとどんな状態かすぐに分かりますが、残念ながら心は目に見えませんし声を聞く事も出来ません。それでも心は大きな影響力を持っています。心が弾めば身体も軽くなります。一方で心が傷つけば身体の調子が悪くなります。また誰かと共感したりも出来ます。心の健康を診てくれる場所はこれからもなくてはならない場所です。今後もっと必要とされます。あの病院の心療内科が人気があるなどと普通に会話出来るような世の中になってくれたらと願います。そうすれば皆が一人で悩まずに済むからです。